オススメ

ドッグフードのカロリー

愛犬の健康維持のためにカロリーを気にしている人は多いものです。
犬は与えられたらその分だけ食べる習性があります。
もしも私たちがフードを間違えて多く与えてしまったとすると腹八分に調整したりお腹一杯になったら食べるのをやめたりすることなくすべて食べてしまいます。
一日に与えるドッグフードの量はこちらに表がありますので参考にしてください。

肥満になると、足腰や内臓への負担が病気の原因になることもあります。
また、カロリー不足だと痩せすぎてしまい体力が低下したり身体の機能が正常に働かなくなることもあります。
犬自身がカロリーや食事量の調節ができないので、飼い主がきちんとカロリー管理をする必要があるのです。

一般的にドッグフードのカロリーは100グラムあたり350キロカロリー程度です。
もしも、今与えているドッグフードが100グラムあたり350キロカロリーを超えているからと言って慌てて与えるのをやめる必要はありません。
この数値はあくまでも目安ですから、愛犬の様子を見て調整をしてあげればよいのです。
たとえば運動量が一般的な犬より多ければ一回の食事で摂取するカロリーを増やす必要があります。

もちろん多めに与えなくても標準的な体つきが維持できていれば問題ありません。
大事なことは愛犬の運動量、食事量、それと現在の体つき、毛並みや爪の状態といった総合的な判断をしてあげることです。
カロリーの調節の仕方として一回に与えるフードの量を加減する方法もあります。
それでは対応できない場合を、肥満傾向にある犬を例に考えてみましょう。

肥満傾向にある場合は一日に与えるフードの量を減らしてカロリーを抑えることもできますが、それではお腹が満たされません。
そこで、カロリーの低いものをたくさん食べることで満腹中枢を刺激してあげるという方法をとるのです。
犬は咀嚼回数が増えれば満腹感を得ることができると言われています。
空腹な状況が続けばストレスフルになりがちですが、低カロリーのものをお腹いっぱい食べることで気持ちよくダイエットができるのです。

子犬から老犬になるまでずっと同じドッグフードを与えるということは基本的にありえないことです。
基本的なドッグフードの選び方は犬種や年齢別で選ぶ方法ですが、だからと言ってドッグフードの表示で縦割りに安易に与えるフードを変えるのも正しいとは言えません。
年齢や体調、それぞれの食事の様子によって最適なカロリーは犬ごとに違ってきます。
年齢やカロリーの数字にとらわれずそれぞれの様子に合わせてドッグフードのカロリー表示もチェックしていくことが大切でしょう。

このページの先頭へ