オススメ

犬にもドッグフードの好みはある?

ドッグフードの好みを気にするのはドッグフードの種類を変更したときが最も多いでしょう。
もちろん犬にだって好みはありますが、人間の好き嫌いとは少し異なります。
種類を変えた時にドッグフードを食べないのにはいくつかの理由があります。
まずは、いつものドッグフードが出てくるのを待っている場合があります。

この場合は時間とともに今までのフードとは変わったことを理解してくれますし、食事の時間を決めておけばきちんと食べてくれる事が多いです。
次に、ドッグフードの硬さが合わない場合があります。
特に、小型犬は噛む力が弱いため硬めだったり粘度の高いものだと食べにくく感じてしまいます。
他には、純粋に新しいドッグフードに慣れていないこともあります。

ごはんを食べないからといっておやつを与えてしまうと、それが癖になりますます食べなくなってしまう事もあります。
犬によっては突然種類を変えるとお腹の調子を壊すこともあります。
ドッグフードを変えるときはいきなり新しいものにはせず、少しずつ今までのものに混ぜて慣らしてあげましょう。
もう一つ、ドッグフードの好みを決めるものが添加物です。

犬は味覚はさほど発達していませんが嗅覚はとても発達しています。
そのため、食いつきを良くするために香料が含まれているものもあります。
香料以外にも添加物を含むことで味を濃いめに加工している場合もあります。
添加物は体に良いとはいえません。

品質表示を見て添加物の内容もきちんと確認して納得できるものを選んだり無添加のものを選びましょう。
様々な理由で犬にもドッグフードの好みがあるのです。
もしも犬の好みが分からずドッグフード選びに困っている場合にはお試しサイズのものを購入してみましょう。

ホームセンターや通販でサンプル配布がある場合にはそうしたものを利用するのも良い方法です。
少量を試しておけば食いつきの問題もアレルギーの心配も軽減できます。
そうする事で快適に食事できる環境を作れます。
ドッグフードとおやつの違いについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ