オススメ

一回に与えるドッグフード量

ドッグフードを愛犬に与えるときにどのくらいあげればよいか迷った経験がある人は少ないでしょう。
なぜならば、ドッグフードのパッケージには愛犬に与える際の目安量が書いてあるからです。
メーカーや年齢によって一日に与える量は異なりますが、きちんとパッケージに表示がされています。

パッケージの表示通りに与えていれば問題ないと思っているかもしれないですが、それでよいというわけではありません。
もちろん、まずは目安通りに与えることは間違っていません。
目安は様々な犬に与えた結果、総合的にメーカーが判断した適正量ですから安心して与えられる量です。
しかし、私たち人間の中には太りやすい人、痩せやすい人がいるように犬にも同じことが言えます。

活発な犬は一日の運動量が多いために目安量通りの量を食べても痩せてしまう犬もいます。
体質によっては目安量通りに食べても肥満気味の犬もいます。
そういった例外がありますから、愛犬の食事量が目安量通りで問題ないかの確認が必要になるのです。
具体的には、食事の様子や体の変化をきちんと確認することです。

目安量通り与えても痩せてしまう、太ってしまうということがあってはじめて量の加減をしてあげましょう。
自分の判断で加減をすることが不安であれば獣医さんに相談してみましょう。
特に痩せてしまったり体調不良を起こす場合にはアレルギーの可能性や病気の可能性があります。
すぐに診察を受けることをお勧めます。

また、毎日与えているからと言って目分量で与えることはやめましょう。
同じ量を与えているつもりでも目分量では誤差が出てしまいます。
毎日少しずつでも与える量が増えてしまえば肥満の原因になりますし逆もありえます。
はかりで量るのは面倒に感じる人もいるでしょうが、最近では計量カップや計量スコップなどといった手軽に計量できるものもあります。

そういったものも活用しましょう。
食事は健康のバロメーターです。
毎日食事の様子をきちんとチェックすることは、ドッグフードの量の確認のためだけでなく病気の早期発見にもつながります。
ただ与えっぱなしにするのではなく健康管理のためにも必ず食事の様子をチェックしてあげましょう。
犬にとって一番ベストなカロリーというものがhttp://showeryourpets.com/karoli.htmlに載っていました。
量とともに一回にあげるカロリーも確認していきましょう。
成長期である仔犬へのドッグフードの与え方はこちらに載っています。
成犬や老犬とはちがいますので成長期にはとくに健康に気を使ってあげましょう。

このページの先頭へ