オススメ

海外のドッグフードについて

国産と外国産のドッグフードどちらが安全かと聞かれると国産のほうが安全というイメージを持っている人が多くいます。
しかし、外国産のもののほうが安全である場合がいくつかあります。
今まで国産しか選択肢になかった人は是非外国産のものにも目を向けてみましょう。

まず、両者の違いで一番大きなものが法律の違いです。
ドッグフードに関する法律は、外国のほうが厳しいです。
日本ではドッグフードの法律は平成21年にできたばかりですし、安全基準も緩いです。

外国ではドッグフードにも日本よりきちんと規制の設けられている国が多いですしその歴史も長いです。
それゆえに外国産のドッグフードを与える家庭も増えました。
しかし、外国産のものを買う場合にも気を付けるべきポイントがあります。
外国産のドッグフードの中には、同じ商品であっても正規輸入品と並行輸入品の二つが存在しています。

多くの店舗では並行輸入品のほうが少々安く購入することができます。
同じ商品なのに価格の差が生じるのは輸入の仕方の違いがあるからです。
正規輸入品は大型取引のため大きな設備の整った船で運ばれてきます。
そのため品質が劣化することなく輸入されていることが多く比較的安全とされています。

並行輸入品は他の荷物と共に運ばれてきます。
共に運ばれてくる荷物は食品とは限らず衣類など温度管理の必要ない荷物の場合もあります。
温度管理のされていないコンテナで運ばれてくる際、航路によっては赤道付近を通ることもあります。
それゆえ、店頭に並ぶまでに品質の劣化の可能性があります。

せっかく愛犬の健康を考えて外国産のドッグフードにも目を向けるのですからきちんと正規の販売ルートで輸入されているものを選びましょう。
また、外国産だからと言って必ず安全というわけでもありません。
外国の法律が厳しいとは言っても抜け道はあるものです。
国産のドッグフードでも安全なものはたくさんあります。
国産、外国産にとらわれずインターネットや品質表示をきちんと確認して安心して与えられるドッグフードを選ぶことがもっとも大切なことです。
質の高いドッグフード選びをこころがけましょう。

このページの先頭へ