オススメ

ドッグフードの相場はいくらか

ドッグフード選びの中で大事な要素の一つが価格です。
単純に考えれば高価なものほど良いものという印象もありますが毎日消費するものですから払える金額にも限りがあります。
ドッグフードの価格はピンからキリまで幅広いのでどれを選べばよいか悩むものです。

安いものなら10キロで1000円程度で購入することもできますが高価なものになれば1キロで2000円を超えるものもあります。
このように価格の差が生じる理由がいくつかあります。
もっとも大きな違いは、原材料の違いです。
原材料の質を落とせば価格を下げることが可能です。

具体的には大量の添加物で味や色を調整したり、人間の食用にはできないような粗悪な原料を用いて製造されていたりします。
逆にhttp://www.newmancommunications.com/tennkabutu.htmlで紹介されているような
オーガニック素材や無添加など、使用する素材から加工方法にまでこだわればその分価格が上がります。
もちろん、メーカーの中には高品質なものを安価で販売しようと努力をしている企業もあります。

しかし日本でのドッグフード産業の歴史は浅く、法律もまだまだ人間の食の法律ほど厳しくありません。
パッケージや品質表示で私たちが安全なドッグフードか判断するのは難しいです。
市販の商品では不安な飼い主さんは手作りのドッグフードをあげている方もいます。
http://www.netbaza.net/tedukuri.htmlに作り方が載っていますので参考にしてください。
外国のドッグフードの場合は輸入方法の違いもあります。
並行輸入品なのか正規輸入品かで価格が変わるのです。

並行輸入品の場合はドッグフード以外のものと共に運ばれるため、コンテナの環境が整っておらず品質の劣化の可能性もあります。
現在の日本のドッグフードは価格と品質が比例関係にあるといえます。
もちろん低価格で高品質なものを作る努力をしている企業もあります。
しかし、多くの企業はペット市場は売り上げが見込める市場としてどんどん参入しています。

残念ながらドッグフード業界には不透明なことが多いのです。
価格ですべてを決めることは難しいことです。
今までに記した価格の差が生じる理由を参考にしてドッグフード選びをするように心がけましょう。
商品の品質表示の添加物をチェックしてみたり、各社のホームページで素材を確認してみたりすることも参考になります。
愛犬の健康を第一に考えたドッグフード選びが大切ですが、何を参考にして選んだら良いのかわからないというのが本音ではないでしょうか。
ドッグフードはオーガニックフードが良いそうなので、オーガニックの商品の中から選ぶようすると良いでしょう。
▼ドッグフードの成分表のチャックの仕方はこちら


このページの先頭へ