オススメ

種類別ドッグフードのすすめ

近年のペットブームの影響もありドッグフード売り場はどこを見てもたくさんのメーカー・種類が販売されています。
愛犬にとってベストなものを選びたくてもこれだけ種類があると迷ってしまうという人も多いはずです。
しかし人間と同じで犬にとっても健康な体を作るためには栄養バランスのとれた食事が大切です。
良いドッグフード選びというのは愛犬が健康に育っていくために欠かせない要素の一つなのです。

今回はドッグフードを種類ごとに分けて考えてみましょう。
まず、ドッグフードには子犬用・成犬用・老犬用と年齢別http://voiceisheard.com/hn.htmlに分かれています。
これは人間でも同じことが言えるように成長段階に応じて体の機能の発達度合いの違いや必要な栄養の違いでわかれています。
子犬は最も成長していく時期なので、多くのカロリーと栄養が必要になので栄養価がとても高く作られています。

また、歯や内臓の器官が出来上がっていないため消化しやすかったり噛みやすい工夫もされています。
成犬の場合には、最も活発に動く年代なのでこの時期に合ったエネルギーを摂取できるようになっています。
老犬になると、新陳代謝も体力も落ちますし、運動量も減ります。

それほど多くのエネルギーを必要としなくなるのでカロリーも低く消化しやすいよう作られています。
それぞれの年齢で必要とする栄養は異なるので、年齢・体の様子に応じたフードを与えることが大事です。
また、最近ではチワワやダックスフンドなど犬種別のドッグフードが作られていますのでそうしたものを選ぶ方法もあります。

愛犬の健康状態や食事の様子を毎日きちんとチェックしましょう。
もし、食いつきが悪かったり残したりする時にはドッグフードが合っていないのかもしれません。
自分での判断が難しい時は獣医さんやペットショップで相談してドッグフード選びの参考にしてみましょう。
そうする事でより正確な対応ができるようになり、子犬にも優しい対応ができるようになります。
専門家に相談して的確な対応ができるようにしましょう。
市販に売られている商品でアレルギーを起こしてしまうわんちゃんもいます。
そういった子にはhttp://www.zoo-movie.jp/arerugi.htmlで紹介されているようなアレルギー体質の犬用をあげるようにしてください。
また病気で内臓機能が低下している子や老犬の内臓器官サポートができるドッグフードhttp://www.tennllama.com/shou.htmlもあります。
愛犬の健康状態をしっかり見てあげる種類を選んでいきましょう。

このページの先頭へ